記事一覧

四つ葉の下から文字盤がチラリ、ヴァン クリーフ&アーペル「アルハンブラ」からシークレット ペンダント ウォッチが登場

ヴァン クリーフ&アーペルの「アルハンブラ」から、シークレット ペンダント ウォッチが発売された。シェーヌダンクル 偽物四つ葉のクローバーに着想を得て、1968年に発表された「アルハンブラ」は、ヴァン クリーフ&アーペルの代表的なアイコンコレクション。



今回コレクションの仲間入りを果たしたのは、四つ葉のクローバーのモチーフをトップに用いたロングペンダント。



ホワイトマザーオブパールやカーネリアン、ギヨシェ彫りに彩られたケースカバーを開けると、文字盤が顔を覗かせる。ファインジュエリー イヤリング&ピアスソートワールとして着用するほか、チェーンを重ねてレイヤースタイリングに取り入れるのもおすすめ。時間を確認する仕草すらエレガントに見せる、大人の遊び心溢れるクリエイションだ。

【関連記事】:2022年元もはっやているのバク、高級ファションは階級が有る

コメント一覧